WHO 国際統計分類協力センター

Activity

センターの活動

参加行事

2018年6月18日(月) ICD-11公表

6月18日(月)のジュネーブ時間 正午(日本時間18日19時)、WHO本部にて、ICD-11が公表されました。日本国際統計分類協力センターからも、メンバーが公表の公式イベントに参加してまいりました。
現行のICD-10への改訂(1990年)以来、約30年ぶりの改訂となります。この公表を受け、加盟国は、分類の翻訳など自国での適用へ向けた準備を開始することが期待されており、2019年5月世界保健総会へ提出される予定です。今後、我が国への適用に向けた検討をしてまいります。

報道資料
WHOサイト
【Why is the ICD important?】

2017年4月23日(日)WHO協力センター連携会議への参加

2017年4月23日、国立国際医療研究センターにおいて、国内にある33箇所のWHO協力センターが初めて一堂に集い、国内協力センター同士の親睦を図るとともに、相互の連携と協力促進を目的とした活発なグループ討議を行いました。
また、当日はWHO-WPRO(西太平洋地域事務局)事務局長のシン・ヨンス氏とWPRO地域統括部長の葛西健氏が来日して本会議にも駆けつけ、国内協力センター同士の連携は言うまでもなく、今後はWPROとの緊密な連携の重要性についてもスピーチされました。

2015年10月17日(土)~23日(金)WHO国際統計分類(WHO-FIC)ネットワーク年次会議(マンチェスター)参加

WHO国際統計分類(WHO-FIC)ネットワーク年次会議(マンチェスター)参加
毎年秋に世界各地で定例開催されるWHO-FIC(WHO国際統計分類)ネットワーク年次会議。2015年は、10月17日-23日の7日間、英国のマンチェスターにて下記の通り開催されました。毎年、国際統計分類に関わる各国の代表が一同に会する本会議。わが国からも、当センター代表団が参加してまいりました。
来年2016年は東京での開催が決まっております。

2014年テーマ:Interoperability: Meaningful Exchange of Health Information

開催期間 平成27年10月17日(土)~23日(金)
会場 ザ パレス ホテル(マンチェスター)
主催 WHO、保健社会ケア情報センター(Health and Social Care Information Centre)
参加者 WHO、各国WHO-FIC協力センター、各国政府厚生・統計関係部局、NGO、オブザーバー等

2014年10月11日(土)~17日(金)WHO国際統計分類(WHO-FIC)ネットワーク年次会議(バルセロナ)参加

毎年秋に世界各地で定例開催されるWHO-FIC(WHO国際統計分類)ネットワーク年次会議。2014年は、10月11日-17日の7日間、スペインのバルセロナにて、WHO、AQuAS(Agency for Health Quality and Assessment of Catalonia)、バルセロナWHO-FIC協力センター、カタロニア保健省、バルセロナ市保健委員会、TicSalut(Tecnologia, innovació i salut)等の主催のもと開催されます。毎年、国際統計分類に関わる各国の代表が一同に会する本会議。わが国からも、当センター代表団が参加します。

2014年テーマ:Driving improvement in healthcare: from data to eHealth tools

開催期間 平成26年10月11日(土)~17日(金)
会場 CCIB、バルセロナ国際会議センター
主催 WHO、バルセロナWHO-FIC協力センター 等
参加者 WHO、各国WHO-FIC協力センター、各国政府厚生・統計関係部局、NGO、オブザーバー等

会場:CCIB バルセロナ国際会議センター

2013年10月12日(土)~18日(金)WHO国際統計分類(WHO-FIC)ネットワーク年次会議(北京)参加

毎年秋に世界各地で定例開催される「WHO国際統計分類(WHO-FIC)ネットワーク年次会議」。2013年は10月12-18日の日程で、中華人民共和国 北京にて、WHO、中国WHO-FIC協力センター主催により開催されました。わが国でも当センター代表団が参加しました。
開催日 平成25年10月12日(土)~18日(金)
会 場 北京エンパーク・グランド・ホテル
主 催 WHO、中国WHO-FIC協力センター
参加者 WHO、各国WHO-FIC協力センター、各国政府厚生・統計関係部局、NGO、オブザーバー等 約100名